最新の医療機器を用いれば楽に美しくなれる

サイトメニュー

シミに効くレーザー治療

看護師

シミ治療のためにレーザーを使う時の注意点

美白化粧品を使ってスキンケアをしてもなかなか消えない、頑固なシミに悩んでいる人は美容皮膚科でのレーザー治療を検討してみてはいかがでしょう。レーザー治療は肌にレーザーを照射するだけの簡単な美容医療で、治療自体も5分から10分程度で終わる・小さいサイズであれば5000円から1万円台で受けられるのが魅力です。無理なく施術を受けられるレーザー治療ですが、レーザーでシミを取るのにあたり注意したいポイントがあります。施術後はレーザーを照射した部分がかさぶたになりますが、この部分にできるだけ紫外線を当てないよう注意が必要です。レーザーによって肌がダメージを受けているため、他の部位よりも紫外線の影響を受けやすく色素沈着を起こしやすいと言われているためです。クリニックによっては紫外線を通さない専用のテープを貼る処置を行ったり、自分でも日傘をさす・帽子をかぶるといった紫外線対策を行います。またレーザー治療は自由診療なので各美容皮膚科によって、治療にかかる費用が異なるため事前に金額をチェックしておくと良いでしょう。

紫外線を浴びる・肌を擦るなどのダメージによって、肌細胞にメラニン色素が沈着してできるのが「シミ」です。シミはスキンケアだけで薄くするのが難しく、悩んでいる人が多い肌トラブルですが美容皮膚科で行われているレーザー治療なら、かなり薄くする効果が期待できます。特殊なレーザーをシミ部分に照射し薄くするという美容医療で、シミの種類に合わせて使うレーザーの種類を変える美容皮膚科が多いようです。例えば、ピンポイントな濃いシミを消したいという場合は、Qスイッチルビーレーザーという種類のレーザーが有効です。Qスイッチルビーレーザーはレーザーの熱でシミの元となる、メラニン色素を破壊して美白効果を発揮するという働きがあります。膨らみのあるシミを解消したいという際は、シミ部分を削るような作用のある炭酸ガスレーザーが用いられます。両頬に同じくらいの濃さ・大きさのシミができる肝斑は、肝斑専用のレーザーで治療を行う必要があるため、レーザー治療の種類が豊富な美容皮膚科を選ぶのがおすすめです。